転職成功と失敗のそれぞれの共通点

 35歳からの転職は、ダイヤモンド社から転職に成功した人たちと転職に失敗する人たちの共通点を詳しく紹介しています。

 

どんな人たちが転職に成功しているのでしょうか?

 35歳からでも、多くの人たちが転職をしていますが、本当に転職が成功している人たちは、どれぐらいの人数になるのでしょうか。

 

 転職に成功したのは、年収が良くなったから・自分が転職したい所に行けたから・仕事内容が自分に合っているから・今まで働いてきた会社よりも地位が上がったからだと思っている人が大勢いるでしょう。それはそれで、転職に成功したという事になるでしょう。しかし、半年や1年後にどんな顔をしているかで転職をして良かったという事が分かるのではないでしょうか。

 

 もしも、半年や1年後に疲れきった顔をしていたら、転職した会社が自分に合っていなかった事になります。仕事をして笑顔で話す姿で、転職に成功したという実感が持てるのではないでしょうか。仕事の内容や解決策をする事ができるようになっていれば、今の地位や年収も上がってきます。そうすると、転職に成功したという実感がわいてくるでしょう。

 

それでは、転職に失敗した人はどのような人たちなのでしょうか?

 転職する前の会社の悪口ばかり言っている人は、転職した会社についても不満ばかり話す人が多いようです。そうすると、転職に成功している人は少ないです。

 

 35歳の転職は、ある意味で最後のチャンスかもしれませんので、自分をアピールするようにしなければいけません。悪口ばかり言っている人は、自分を低く評価している人が多いようです。

 

 上司とぶつかる事は多々あるかもしれませんが、組織を動かして成果を上げるようにしていく事で転職して良かったと思えるようになるでしょう。

 

<関連記事まとめ>
40歳からの転職サイト利用者の口コミランキング
49歳転職.com[中高年の転職支援サイト]