円満退職が将来に役立つ

円満退職が大切な理由

 

 35歳ともなると、キャリアアップを目指す場合、これまでと同じ業界や職種で転職するケースが、圧倒的に多くなります。すると必然的に、現在仕事で関わっている取引先と、転職先でニアミスする可能性が高くなります。

 

 きちんと手順を踏んで円満退職していれば、元の職場への出入りも、そこで培った人間関係をその後に役立てていくこともできますが、自己都合で強引に退職すると、良からぬ噂をたてられたり、仕事の邪魔をされるなど、転職後の仕事に悪影響が及ぶことがあります。

 

 また、良識ある社会人として、お世話になった会社に礼を尽くすのは、当然なことです。35歳だからこそ、円満退職できるように、しっかりスケジューリングと段取りを行ってください。

 

円満退職のプロセス

 

 円満退職するためには、希望する退職日の2〜3カ月前に、まず直属の上司に退職の意向を伝えることから始まります。どんなに親しい同僚がいたとしても、直属の上司に話をするまでは、退職の意思があることを伝えてはいけません。

 

 その後、引き継ぎ期間の話し合いを行い、会社が退職をオープンにしてから、ほかの社員に話すのが鉄則です。このプロセスを間違うと、思わぬ退職トラブルに発展することがあるので、注意しましょう。

 

円満退職が将来に役立つ関連ページ

退社の理由は前向きに話す
入社までのチェックポイント