35歳が履歴書で見られるのは?

即戦力となる経歴の有無

 

 35歳の場合、入社後に即戦力として活躍することを期待されていますから、募集職種に関連する職歴や免許・資格があるかどうかを、まずチェックされます。そのため、企業名だけでなく、配属された部署名もきちんと記載し、具体的な仕事内容を職務経歴書で補完するようにすることをおすすめします。

 

 未経験職種への応募の場合、学歴や職歴がミスマッチだと、書類選考で不採用になる可能性が高くなるので、「志望動機」や「自己PR」で役立てることのできるスキルについて、しっかり語っておくことが大切です。

 

志望動機とともに見られるポイント

 

 履歴書で最重視されるのは、やはり「志望動機」です。ここでは、どうして応募企業に入社したいのか、これまでのキャリアが入社後にどう活かせるのか、入社後はどんな仕事をしたいと感が手いるのかを、端的に語ります。

 

 この「志望動機」に説得力があると、職務経歴書を読み込んでもらえるので、自分の言葉で書くようにしましょう。また、履歴書に貼付された写真の印象も、書類選考やその後の面接に少なくない影響を与えています。

 

 表情や服装には、応募者のひととなりが現れるものですから、写真スタジオで、きちんと撮影したものを使いましょう。