35歳でも休職中に転職活動をするのはナシ?

休職期間を転職活動期間にすべきではない?

 

 転職活動を行う人の境遇には、さまざまなものがあるでしょう。在職中に転職する人もいれば、退職してから転職活動へと動き出す人もいます。あなたはそのどちらとも言えない、休職中に転職活動を目指す人。

 

 ここでポイントとなるのは、休職中の状態は在職中とは違うということです。ここを勘違いすると転職活動は上手くいかないでしょう。

 

 休職している人には必ず何か原因があるはず。心が弱いのか身体が弱いのか、あるいは我慢強くないのか困難から逃げてしまう体質なのか。いずれにしてもプラス要素はそこにはなく、どうしてもマイナス要素が大きいと世間では思われてしまうのです。

 

 こう考えれば、休職している期間を転職活動期間にすべきではないという答えに、自然と行き着くのではないでしょうか。

 

せっかくの転職適齢期が勿体ない

 

 世間の人に、“休職している人はマイナスの要素を持っている”と思われるということは、応募者の採否を決定する人事の担当者はそれ以上にそう思っていることになります。

 

 35歳は確かに転職適齢期なのかもしれません。人生も仕事もそれなりの経験があるが、しかしまだまだ身体も気力も充実している若い年齢、それが35歳。企業にとってこれほど良いバランスの年齢はないのです。しかし、バリバリ働いている35歳と比べれば、休職中の35歳はどう考えたって転職には不利。

 

 休職中であるにもかかわらず転職活動を行えばその不利な状況を肌で感じることになるため、できれば別の選択肢を選んだ方があなたのためになると思われます。

 

技術・知識があっても転職できない?

 

 技術や知識があっても、休職中というだけで転職は実現不可能なのか、そう思う人もいるでしょう。35歳は説明したように、若いにもかかわらず多くの企業が欲する技術や知識を持っている可能性が高い。

 

 これまで経験してきた業種や職種を変えずに転職を目指しているならば、それが武器になるのではないかと考えたとしても、それは全く不思議なことではありません。

 

 しかし、やはり現実は厳しい。なぜならあなたには「休職してしまった原因」があるからです。それが大きな足かせとなり、転職の邪魔をするのことは否めないのです。休職状態ではなくなってから転職活動を行う、この選択肢を模索すべきなのではないでしょうか。

35歳でも休職中に転職活動をするのはナシ?関連ページ

転職の目的を明確にする
市場価値を調べてみる
在職中と退職後、どちらが望ましい?