意地でも建築設計の会社にこだわった転職【35歳│男性】

 

 苦労して就職した建築の設計事務所が潰れました。時期が悪く世界不況のあおりと、最近乱立気味の建築状況を考えればある程度は予想できました。

 

 ある日突然無職です。退職金もほとんど支払われずに急いで転職先を決める必要がありました。元の会社の紹介は一切期待できませんでしたからすべて自力です。

 

 

 

 

 建築士として働きたいという思いが強く、どうしてもほかの業種には手が出ませんでした。ですから転職は物凄く苦労しました。

 

 どこの事務所も厳しいのは一緒で、募集している会社も給料が安い新卒採用ばかりで私のような転職者に振り向いてくれる人はまったくと言って良いほどいませんでした。

 

 事務所探しから苦労続きでした。

 

 

 

 

 「プライドを捨てる」ことを何度も考えた転職活動でした。

 

 転職斡旋会社でもよく言われました。「業種変更をしませんか」と。どうしてもそれは出来ませんでした。

 

 意地を張っていると言えばそうですが、しかし自分が仕事をする上で自分の仕事にプライドを持てないならばやる意味なんてないとも思っていましたから、意地でも業種を変えずに転職活動をしました。

 

結果的にそれでよかったのだと思います。今の会社で社長面接時にこれらのことを言ったら気に入られたみたいで転職があっさりと決まりました。

 

 

 

 

 採用されたのが今の会社のみだったからです。どうしても設計の会社にこだわり続けて、都心から離れた場所も探しているとここに行きつきました。

 

 こじんまりとしていますが、それでいて結構幅広くやってる攻撃的なところも好きです。

 

 

 

 

【35歳│男性】
設計
設計
リクナビNEXT・その他

 

意地でも建築設計の会社にこだわった転職【35歳│男性】関連ページ

エンジニアからテクニカルライターへの転身【35歳│男性】