自分がブラック企業と思っている会社は、実はブラックではないかも知れない

自分がブラック企業と思っている会社は、実はブラックではないかも知れない

 YAHOO!ニュースにて、ブラック企業についての記事が紹介されています。ブラック企業とはどのような会社なのか明確に定められていないので分かりにくいのですが、紹介されている記事を読むと、自分がブラック企業と思っている会社が本当にそうなのかもう一度考えなおす事ができます。

 

 

ブラック企業とは定義が曖昧な存在

 

 

 ブラック企業という言葉は、ネット百科事典のコトバンクによると”労働者を酷使・選別し、使い捨てにする企業”とされています。会社で働いている人材を大切にしない企業のイメージですが、実際、使い捨てにする事を前提に従業員を過度に酷使する会社があるのが現実なのかもしれません。

 

 しかしここで判断を誤ってはいけないのは、過酷な会社が全てブラック企業というわけではない点です。

 

 

過酷でもビジネスマンとして成長できる会社

 

 

 過酷な環境であっても、自分自身を成長させて鍛え続けられる会社はブラック会社とは呼びません。

 

 自分自身の血肉になって実力をアップできるものであれば、ハードワークでも良い会社です。

 

 逆にいくら頑張ってもビジネスマンとしての成長が見込めない会社は警戒しておいたほうが良いでしょう。

 

 

転職先の会社を探す時にはよく調べて見極める

 

 35歳からの転職を考える場合には、転職先の企業が良い会社かどうかを十分に調べて判断する必要があるでしょう。

 

 今まで身に付けてきたスキルや経験を活かせるかだけでなく、今後経験を積んで成長していける会社なのかを見極める事が大切になります。

 

 

 

 

 

自分がブラック企業と思っている会社は、実はブラックではないかも知れない関連ページ

転職サイトランキングを調査